It's a Lovely day

日々のコトいろいろダイアリー

カフェインレスよりエスプレッソ?

Streamer coffee company

SOY LATTE

espresso-soylatte

大好きなコーヒーも身体に合わないのか?と思ってしまうような傾向があったので、これまでに色々なコーヒー店のコーヒーを試してみました。少し前まで私はカフェインレスコーヒーを飲むようにしていたのですが、カフェインレスコーヒーのほうが気分が悪くなることが多く、調べてみたところ「なるほどー」と思うようなことがあったのですが、その「なるほどー」な内容をすっかり忘れてしまいました(笑)理由は忘れても、とにかく私にとっては、カフェインレスコーヒーはどれも体質に合わないという事だけは解りました。それで、セッションにいらっしゃったお客様にそのようなお話をしたところ、家に買ってあったカフェインレスコーヒーのドリップパックを、親切にもそのお客様が買い取って下さったのです。せっかく買ったコーヒーを無駄にせずに、本当に助かりました。(感謝!)

espresso-soylatte2

それで、カフェインレスではない通常のドリップコーヒーは、どうして身体に合わないのかを確かめたところ、まず某S店のコーヒーはカップ1杯のコーヒーを作るのに、通常の2倍のコーヒー豆を使って落とすのだそう・・・。その量であれば、胃や血管、神経にチリチリ来てしまっても不思議ではありませんね。それ以外のコーヒー店のものでも、やはりドリップコーヒーはやや体調が変化しやすい傾向にありました。これはドリップコーヒーのほうが、落とす(淹れる)時に浸す時間が長いために、カフェインが抽出されやすいのだとか。おそらくはこれが原因ではないかな?と思いました。ちなみに、ドトールコーヒーってあるじゃないですか。コーヒーチェーン店の中で、一番良質で品質の高い豆を使用しているのは、なんとドトールなのでした。ドトールはどこのお店へ入っても、必ずと言って良いほどテーブルがもの凄く小さいし、カウンターも隣の人との距離がとても近いため落ち着きません。が、その場で作ってくれるサンドはおいしい記憶があります。で、豆も良質なのだそうです。そういえば、ドトールのコーヒーは確かにあまり体調が悪くなった記憶がありません。

 

Streamer coffee company

Raspberry latte

espresso-soylatte3

それでさらに解ったことは、ドリップコーヒーよりも、カフェインレスコーヒーよりも、エスプレッソで作るラテのほうが、私にとっては大丈夫だったということです。エスプレッソのほうがカフェインがキツそうに思えるのですが、ドリップコーヒーを淹れる時よりも時間が短いため、あまりカフェインが入っていないのだとか。それを豆乳で薄めるので、ドリップコーヒーよりもカフェイン度合いが下がるのだそうです。これは意外でしたが、道理で私の身体も反応しないわけだと納得しました。ちなみに、私は牛乳は合わないので、いつも豆乳にしています。豆乳は80円増しになってしまい、結構なコストになりますが、それでも今となっては、唯一といっていいほどの食の楽しみなので、ソイラテをオーダーします。というか、家にエスプレッソマシーンでも買ったほうが良いのかな?などと思いましたが、様子見でそれはやめておこうと思います。さて、ストリーマーコーヒーのサイトを下記に貼っておきますね。

 

↓ STREAMER COFFEE COMPANY (WEBSITE) ↓

streamer.coffee

 

www.jyoti-session.com

 

f:id:dolphinparty:20170302214216p:plain 

 

f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain